健康的に痩せたい!どのようなサプリを購入すればいいの?

thumbnail

健康的に痩せたいけれども、食事制限や運動をする時間がないと思っていませんか?そのような人のために、ダイエットサプリがいろいろと販売されています。興味があるけれども、具体的に何にすればいいかわからないという方に選び方のポイントについて解説します。

燃焼系と食事系

数あるダイエットサプリの中でも、大きく2系統に分類できます。燃焼系と食事系です。それぞれ向いている人がいるので、自分はどちらがマッチしているのか確認の上で買い求めましょう。

燃焼系

体脂肪の燃焼を促進することでダイエットするアプローチです。もともと運動する習慣が多少なりともある人、年齢を重ねることで痩せにくくなった人などにおすすめです。代謝が低下している人がこのサプリを摂取すると、痩せやすい体質に変身できます。

食事系

太ってしまうのは、水分や塩分、糖質、脂質の過剰摂取にあります。こちらのサプリはこれらの体内吸収を抑制する効果があるといわれています。仕事が忙しくて外食など、栄養バランスが偏りがちな人には食事系がおすすめです。

燃焼系サプリに含まれる成分

いずれのサプリメントか見分ける方法として、配合されている成分があります。燃焼系の場合、以下のような成分が含まれています。

Lカルニチン

脂肪の燃焼を促進する効果があります。脂肪燃焼は体内でもミトコンドリアというところで行っています。Lカルニチンには、脂肪酸をせっせとミトコンドリアに運んでくれる役割があります。

アミノ酸

筋肉の材料になる物質です。筋肉は体内でも最も脂肪を燃焼する組織なので、筋肉を増やせば痩せやすい体質になります。運動してからの体力回復を促す効果も期待されています。

食事系サプリに含まれる成分

一方食事系サプリには以下のような成分の含まれていることが多いです。成分票を確認しましょう。

キトサン

脂肪吸収を抑制する働きがあるといわれています。揚げ物などの脂っこい食事をよくする人におすすめです。

ギムネマ

糖分を摂取すると血糖値が上昇し、インスリンの働きで体脂肪として蓄積します。ギムネマは血糖値の上昇を緩やかにして、体脂肪を増やしにくくする働きがあります。いわゆる甘党の人向けの成分です。

まとめ
いかがでしたか?ダイエットサプリといっても、その働きは違ってきます。自分にはどちらの系統のものが必要なのか、効果の期待できる成分が含まれているかどうか確認してから買い求めるように気をつけましょう。

Back To Top